*

Diary

9月最後の稽古!

c0340e4d.jpg

とうとう2006年の9月も終わりです!!
書き込んでいる今日はすでに10月?!
…恐ろしい!

おろおろ団員の佐藤令奈です。
写真は会場となる関内ホールの一番後ろから撮ったものです。
団員筋トレ中!(笑)
舞台という神聖な場所を感じることができました。
気持ち新たに、頑張ります!!

今日は今回の公演のタイトルに続いて、
チラシの裏に書かれている文をご紹介します。

「大きくなったら何になりたいの?」
小さい頃はそんな質問をされるたびに
色々な夢を見ていました
大きくなったら当然のように、何かになっているのだと、
何にだってなれるのだと

気付いたら、憧れていた人よりも年上になっていて、
大人と呼ばれる年齢になっていて
漫画のようにはいかないということを知りました
夢よりも現実を見るようになることを知りました
そして、自分はとてもちっぽけなのだということも

この物語はそんな、
いつのまにか大きくなった大人たちの物語

夢を見ているもの
夢を見れないもの
夢を諦めたもの
夢を通り過ぎたもの
夢を失ったもの…

夢を叶えるのに必要なのは、
その夢を見続ける才能だといいます
簡単そうで、一番難しい
だけどそれは、
誰にも平等に与えられた可能性なのかもしれません
せめてそうであってほしいと願いながら、
こんな舞台を作ってみました

…いかがでしょうか…。
公演で、みなさんに何かを伝えられますように。

コメント

    ピーターパン より:

  •  稽古場日記 いつも楽しみにしています。いままでの2度の公演、泣かされました。若いエネルギー、情熱、悩み、不安、希望、あこがれいろんなものが感じられる舞台でした。今度のテーマは夢”なのでしょうか!? また感動にであえること楽しみにしています。 あと少しみなさん体に気をつけてがんばってください*

    2006年10月2日 9:40 PM

  • ピーターパンのファンより より:

  • でした。

    2006年10月2日 9:46 PM

  • 団員佐藤 より:

  • 2度のご観劇、そして毎回のあたたかいコメント本当にうれしいです!
    本当に本当にありがとうございます!!

    私たちが独りでやっているのではなく、大きな力に支えられていることを実感します。

    最近私は、どんな気持ちで、どれだけの労力をかけて劇団として動いているかを、うまく伝えられない、伝わりきらないことが多くて、すごく悔しく歯がゆい思いをしていたんです…。
    でもピーターパンのファンさん(この名前もうれしすぎます…)のコメントから、想いがじんわりと沁みこんできて…。。

    私たちの活動が、伝わっている。って。
    素直に思うことができました。

    あとは、突っ走っていくだけです!!
    当日、大きな感動をお届けできるように。
    頑張ります!

    2006年10月3日 5:01 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ