*

Diary

2012年10月

閉幕。

こんばんは。

劇団ピーターパン第十二回公演『ワンスアライフ』
無事に全日程を終えることができました。

連日、たくさんの方にご来場いただき、
本当にありがとうございました。

前回の『レクイエムが舞う頃に』の続編にもなっている今作。
脚本家ではないのですが、初めてご覧になる方にも楽しんでいただけるか
不安でしたが、杞憂に終わったようでホッとしています。

今までで一番楽しかったという方もいて、
やってよかったな、またやりたいな、と思える公演でした。

社会人も増えてきて、
年々大変になっていく公演。
友人からは、よく続けれらるね、と言われることもあります。
正直、中々キツいです。

それでも。
劇中でマサルが、千秋楽のご挨拶で都築が言っていました。

「仕方ないさ。それでもすきなんだから」

今回作品を観ていただいて、
みなさんの心に何かを残せることが出来たら幸いです。

本日はご来場いただき、
まことにありがとうございました。

それではまた、劇場で。

儚いもの

ぴたぱん通信をご覧の皆様お元気ですか!
バトンを受け取りました、佐藤令奈です!

いよいよこの日が来ました。
時間という概念はなかなかどうして。
いつも一緒にいるのに、掴みようもなく、サラサラと流れていきますね。
そんなふうに流れていき、いずれ終わる有限の時を生きていて今思うことは、大切な人たちと出会えたこと。

私たちの夢が交差したこと。

当日会場でお待ちしています。
一緒にその空間を過ごせることに感謝して。

人の夢は、儚い。
その瞬間に、命を燃やします。
仲間と共に、いざ!

この時間この感じ

ぴたぱん通信をご覧の皆様、こんにちは。
スタッフの吉永です。

いよいよ第12回公演まであと2日まで来てしまいました。
キャスト、スタッフ共に、週末に向けて最後の追い込みをかけています。
舞台も徐々に出来上がり、機材や道具類も整ってきました。

皆様をお招きするにあたって、やるべきことはまだまだありますが、
この準備期間が本当に楽しいです。公演が始まるのがもったいないとすら感じてしまいます。

他の団員を見ても、その楽しさが本当に伝わってきます。
若干疲れてハイになっている感じもありますが・・・それも楽しさの一つと思ってます!

僕がこの劇団を初めて見た第8回、スタッフが入口でとても活き活きとしていたのを思い出します。
自分が劇団員として公演に関わることになって、あの時の気持ちはこれか、と少しわかった気がします。

公演の直前ギリギリまでこのワクワク感を味わいながら、
皆様に楽しんでいただけるよう、まだまだ準備を続けていきたいと思います。
もちろん公演本番も、裏方としてがっつりと楽しませていただきます!

皆様を笑顔でお迎えできることを、楽しみにしております。
楽しむ気持ちだけは忘れずに持って、会場へお越し下さい。

では、次はもろみさん!
前日ですよー!!

吉永 慧一

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ