*

Diary

2012年2月

第1歩

ぴたぱん通信をご覧の皆さま、こんにちは。
キャスト(兼 舞台美術)の高木裕和(たかぎひろかず)です。

公演本番まであと2週間を切りました。
全員の緊張が徐々に高まり、稽古中もそれをひしひしと感じます。

自分はピーターパンに第8回公演「一夜蝶」から関わっていますが、
今まではスタッフとして人前には出ないポジションで活動していました。
この劇団での活動に限らず、人前に出て何かをやるということが
もともと得意な方ではないと思っています。

しかし、今回は「キャストをやりたい」と強く思い、出演させていただけることになりました。

僕はこの劇団では年下の方であって、団員は先輩方がほとんどです。
そのような環境で活動していく中で、自分が今までどれほど先輩方に
支えられていたのか、どれほど視野が狭く自分勝手で甘えていたのか
ということを感じるようになりました。

そんな自分とはもう決別したい、変わりたいという思いから
「今まで経験したことのないフィールドに飛び込んで、必死に1つのことを成し遂げたい」と強く感じ、今回キャストとしての参加を決意しました。

言うなれば、新しい自分への挑戦、第1歩という感じです。

また、今回の公演は劇団として初の再演でありまして、
演目も劇団にとって大きな意味を持つ初のオリジナル作品です。
初演から6年経ち、劇団も当時とは大きく変わっていると思います。
劇団ピーターパンにとっても新しいことへの挑戦であり、第1歩だと思うんです。

自分にとっての初舞台をこのような中で迎えられるのは
本当にありがたいことだと思います。

これまで、僕を支えてくださった人達に感謝の気持ちを忘れることなく
本番までの残り時間を全力で駆け抜けて、みなさまに楽しんで、
感動していただけるものを作り上げたいと思います。

当日会場でみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

次はつよしさんこと中井剛志の出番です!よろしくお願いします!

高木裕和

リア充

ぴたぱん通信をご覧の皆様こんにちは!
キャストの清田夏生です(^^)
更新が遅くなり申し訳ありません。

僕は今劇団・アルバイト(居酒屋と某テレビ局の2つ)・サークルと実に有意義な大学生活を謳歌しています。しかしこれがまた有意義すぎて大変忙しく、今週は毎日2~3時間睡眠でてんやわんやの毎日を過ごしています。
最近、大学生は日常生活が充実している人のことを「リア充(=リアルに充実している)」なんて呼んだりしていますが、どちらかと言うと僕は「リア充(リアルに充分な睡眠が必要)」なんです(笑)

もちろん全て好きでやっていることなので疲れとか忙しさ以上に毎日が楽しいんですけど。今日もこれからバイトです。いってきま~す\(^o^)/

次はひろかずさんです☆
お願いしゃっす!

清田 夏生

観客から作り手へ

ぴたぱん通信をご覧の皆様こんにちは。
音響担当の蒔原です。

本日は本番の会場であるラゾーナ川崎プラザソルの
劇場スタッフの方と打ち合わせをしました!
ホール入りしてからのスケジュールなどを始め、
舞台の設計から照明や音響のプランまで
みっちり話し合ってきました。

今回の公演は劇団初の再演になります。
個人的な話をすると、初演の時は自分はまだ高校生で、
観客として初めてピーターパンの公演を見たのが
この「レクイエムが舞う頃に」という作品でした。
今回この思い出の作品を自分たちで作る立場になり、
緊張しつつも滅多にない体験にわくわくしています。
あの時劇場で感じた気持ちを思い出しながら、
あの時よりさらにいいものになるように現在選曲の真っ最中です。

代表作とも言える今回の作品、ぜひ劇場に見に来てください!
お待ちしています!

次回の担当はぴたぱん通信2度目の登場、清田夏生です!

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ