*

Diary

2012年1月

いろんな書き物

あけましておめでとうございます。という言葉もそろそろ言い納めになってきたでしょうか?
音響担当の蒔原です。

現在私は修士論文のラストスパート真っ直中です。
以前このページで「夢中力」という言葉について書きましたが、
研究についてはあまり夢中になる力を発揮することができなかったせいで、
母校の高校の人にありがちな、追い詰められてから頑張るという展開になっています。

そんなわけで修士論文を書いているのですが、
この時期は机に向かって書き物をすることが多いなあと思います。

まずはこの時期ならでは、年賀状。
受験生は試験に向けてカリカリ。
大学卒業間近の人は必死になって論文を書く。
春から新生活、部屋の手続きやらなにやらいろんな書類を丁寧に。
就活生は、企業に向けて自分の思いや考えを綴る。

とまあ、年末から春にかけては新しいことに向けていろいろ書き物をする人が
結構いるのではないかなあと思いました。
実際に書くだけじゃなくてパソコンに向かってタイピングも…なんて人も最近は多いですよね。
私も専門柄パソコンに向かって呪文を書いたり唱える日々を送っています。

そして忘れてはいけないのが劇団ピーターパンの脚本!
第2回公演以降はすべてオリジナルの脚本で公演を行ってきました。
自分が関わり始めたのは第7回からですが、
それ以前からピーターパンの届ける物語がとても好きでした。
昔は客席から、今は音響ブースから舞台を見ていますが、
作る側になってもピーターパンの脚本にはわくわくしてしまいます。

と、いつも通り宣伝っぽくなってきましたが、
劇団ピーターパンの次回公演がいよいよ2ヶ月後に迫ってきました。
場所は前回と同じ川崎ラゾーナとなっております。
詳細はまだ正式発表にはなっていませんが、
みなさんに楽しんで頂ける舞台になるよう劇団員一同努力して参りますので、
ぜひ劇場に足をお運び下さい!

蒔原 省吾

A HAPPY NEW YEAR !!!

ぴたぱん通信をご覧の皆様、あけましておめでとうございます!
CASTの大塚奈保子です。

さて、昨年同時期のぴたぱん通信。
覚えていらっしゃる方はまずいないと思いますので、
再度しょーもないことを書きますが、
私は元旦に「犬のう○こ」を踏みました。

元旦に「運」がついた!と前向きにとらえて迎えた昨年は、
とてつもなくいいことがあったかと言われればそんなことはありません。
でも、周りの人たちがみんな元気に年を越せたことが、
あんな大変な出来事があった中、何よりもよかったなぁと思います。

そして迎えた2012年。
今年は足元に気を付けて歩こうと思ったわけですが、
新年早々にやってしまいました。
元旦、新幹線に乗って主人の実家に帰る際、
「まもなく~、終点、しんおおさか~しんおおさか~」。
私が降りたかった駅は京都!新幹線で寝過ごすなんて!!
見れば携帯には心配した主人からの着信履歴が約10件。
新大阪止まりの新幹線で本当によかった…。
そして元旦からラブリーだね~なんてごまかしつつ行った初詣でひいたおみくじは、
夫婦そろって「凶」。
「待ち人来ず、失せもの見つからず、出産重し…。」
ほんとにいいこと何も書いてない!!

…昨年は「運」がついた!
それなら今年は「メが出る」だぜ!!

というわけで、今年も楽しくなりそうです。
本年もよろしくお願いいたします。

大塚奈保子

今年もよろしくお願いいたします

新年、あけまして
おめでとうございます。

去年もお客様をはじめ、
友人、家族、関係者の方々には
大変お世話になりました。

劇団ピーターパンはまだまだ走っていきます。
今年も変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

劇団ピーターパン 団員一同

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ