*

Diary

2012年1月

初心忘るべからず。

皆さんこんにちは。
照明スタッフの榎本です。

第11回公演まで残り1ヶ月と少しとなりました。

思えば私は第3回公演からスタッフとして参加し、
第2回公演は観客でした。

第2回公演を観て、劇団ピーターパンの情熱と溢れんばかりのパワーに圧倒され、
憧れを持って入団したのです。

当時観客だった私が、今回の再演が決まり、
スタッフとして関われる。
こんなに嬉しいことはないと思いました。

オリジナル脚本第一段を、
また皆様にお見せできる。

参加メンバー、公演会場は変わっているものの、
キャスト、スタッフ一同今まで以上に気合いの入る公演です。

憧れた舞台に、スタッフとして参加できる限り
あのときの情熱、パワーをもう一度思い出して
私も微力ながら精一杯お手伝いをする次第です。
初心忘るべからず、というところです。

皆様にもこの熱い想いを伝えられるよう、頑張ります。
ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

それでは、失礼いたします。

榎本咲

雪が降ると・・・

ぴたぱん通信をご覧のみなさん。こんばんは。
団員の宮手です。

1/23夜~24朝方にかけて雪が積もりましたね。
雪・・・といいますと。
私は生まれも育ちも神奈川のため、雪生活には慣れていなかったため。
小さいころは、雪が降るのがとても嬉しかったし、わくわくしてました。
小学生のころは雪が積もると翌日の一時間目の授業は潰れ、グランドで雪遊びに変更!ってこともありました。
今思うと朝からよく走り回れたなぁ~元気だなぁ~って思いますね(笑)

しかし、社会人や20歳を過ぎたころになると、雪が降るといろんな心配がでてきて、
今夜は電車が止まる前に帰れるかなぁ~
翌日の電車は大丈夫かなぁ~
朝起きてからは天気予報とか交通機関情報を気にしながら過ごしたり・・と。

小さいころの“わくわく”な気持ちが完全になくなっていることに気づきました。

劇団ピーターパンの仲間は、そんな“わくわく”な気持ちをいつも呼び起こしてくれます。
すんごく単純で小さいことで爆笑したり、一生懸命にやったり。
自分が小さいころ我武者羅にやっていたこを今社会にでてからもできること。
そういう環境や仲間がいることに本当にありがたく思います。
観に来てくださるお客さんには“わくわく”な気持ちを伝えられたらと思います。

ぴーたーぱんな気持ち。
忘れずにいたいなぁと思い出しました。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
みなさん。寒くなってきているのでお身体にはお気をつけください。
私は既に悪化してしまったので、、、きちんと治して、
3月の公演にはお会いできること、楽しみにしております!(^^)

宮手華子

おっちょこちょい治療法

ぴたぱん通信を御覧のみなさんおそようございます。

団員の佐藤レイナです。

まずはぴたぱん通信の更新が遅れてしまったことをお詫びさせてください。

私は本当にうっかりさんで、大変おっちょこちょいです。。
昔ちびまる子ちゃんで、卑怯な藤木くんは頭が良いと言えるけど、まるちゃんのおっちょこちょいは…いいとこなしだね。
というエピソードがありました。

本当におっちょこちょいというものは厄介で、1日一回は皿を割ったり忘れ物をしたりと、残念なことが多々あります。

ある本には、おっちょこちょいを治すには、『行方を見届ける』というものがありました。

お皿を持つときの手の感触、携帯を鞄にしまったときの光景、声を出して確認したときの音。
その物の行方を最後まで見届ければ忘れないと。

あとは、すぐやる。

とにかく意識的に動けということですよね。

劇団も3月の公演に向けて全員が動いている時期です。
ただなんとなく慌てた日々に流されていては何も出来ませんね!
意志をもって、準備をして最高の舞台をお届けできるよう、日々がんばります!

おっちょこちょいも今年どうにか返上出来るよう!(笑)

佐藤令奈

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ