*

Diary

2009年5月

変身願望

どうも。
暑くなってきましたね。
お久しぶりです、団員の佐藤レイナです。

夏はやっぱり散髪!!
ということで、今まさに美容院にむかっているところです!
美しくなるのには中々時間がかかるものですが、散髪は二時間であっという間に見た目が変わるので、変身するのにもってこいですね。
私は毎公演前には美容院に行って、役柄に合わせた髪型にしています!
前回は少年役だったのでバッサリと!
公演直前には団員の小林が劇場のトイレでさらに短く切ってくれちゃいました(笑)
なにしてくれんだ小林コノヤロ!(自分が頼みました…笑)

今や切る染めるだけでなく、髪をのばすことも出来ますから、男性は一度ロングヘアーに挑戦してみてもよいかもですね(笑)

変身願望の強い私は今日もガツンと全く違う髪型にすることでしょう。。
楽しみでなりません!

今度劇場でお会いするときにはもしかしたら坊主になっているかもしれませんね!(笑)
乞うご期待です(笑)

しかしあまり羽目を外して髪がボロボロにならないよう、みなさんもトリートメントはしっかりと!
あと、心にもしっかりトリートメントをね。。
健康第一!

また会う日までお元気で~☆

佐藤 令奈

一喜一憂

いつもぴたぱん通信をご覧いただき、ありがとうございます。
片桐です。
・・・といっても、きっと知らない方が多いと思います。
ここで少し自己紹介を。

片桐和穂(かずほ)  ※女の子のような名前ですが、男です。
主に、キャストをしています。
直近の第7回公演では、「校長先生」の役。
    第6回公演では、「辻颯太」役でした。

特徴としては、大きい・・・と言えば聞こえはいいですが、「縦では横に」、です(笑)。

そんな私も、公演前と公演後で「10kgの減量」に成功しました!!!
嬉しさのあまり、中学生の時以来乗っていなかった、自転車を購入しました。
颯爽と風をきっていた若かりし感覚を10年ぶりに取り戻したのです。
下り坂も良いですが、やや傾斜のある上り坂を上りきった時の「達成感」。なんとも言えない心地よさが、そこにはありました。
服だって、嬉しくってたっぷり買い込みました。「食」ではなく、よりよい「生活」を求めたのです。
しかし、そんな幸せも長くは続きませんでした。

先日久しぶりに計量したところ、「8kg増量」していたのです!!!
思えば、ゴールデンウィーク、「飲んで食べて寝て」をひたすら繰り返していました。
「ああ、自分はなんてダメなんだ」と、会社の健康診断も来月控えているのにどうするんだ、と。
「一喜一憂」していたのです。

でもこの「一喜一憂」。生きていく上では、とても良い刺激になると思います。
結果だけみれば、「−2kg」。
過程も考慮すると「−10kg」「+8kg」。
結果を見るのも大事だけど、そこに至るまでに色々なドラマ(笑)があるわけで。
「きっかけや過程」があるから「結果」もある。
でもその「結果」も、長い目で見れば、まだまだ「過程」かもしれない。

大切なのは、「一喜一憂」しながら、「無理なく継続」することなのかな、と。
反対に、目をそむけたらダメなんだな、と。

ただの体重の話だったのですが、変な方向にいってしまいました。。。

この「ぴたぱん通信」、私、初めて投稿します。デジタルには滅法弱い為、また日頃からこのような書き込みをしない事もあり、大変読みにくい内容となってしまいましたが、何か一言でもコメントいただけると幸いです。
これを良い機会とし、また「ぴたぱん通信」でみなさまにお会いしたいと思います。
みなさまも体重には気をつけて。

それでは、また。

片桐和穂

帰れる所

ぴたぱん通信をご覧の皆様、こんにちは。
前回公演で歩ちゃん役をさせていただきました、一木です。
不況と言われている中、
ありがたいことに企業から内々定を頂きほっとしております。
4月からは本格的に大学の研究室に行くようになりました。
雑用を覚えたり、卒研やゼミの準備をしたりしています。

4月、5月はバドミントンの団体戦シーズンでした。
去年の秋からピーターパンの公演と就活のために
半年ほどバドミントン部はお休みしていましたが
女子部員が少ないこともあり、
全然練習していないのにも関わらず
春の団体戦に出場させていただきました。

半年間何もしていないと、さすがに動けなくなっています。
まあ、私の試合自体はどうしようもなかったので置いといて。
久しぶりにものすごい大声で応援して声枯らしました。
応援するのって楽しくないですか?
サッカーでも野球でもオリンピックでも
テレビ中継で盛り上がれるのですから
選手と同じ空間に居たら
そりゃあもう場の空気とか精神状態がピリピリ伝わってきます。
特にバドミントンは一つの試合に2人ないし4人。
人数が少ないので、一人一人が分かって私は好きです。

応援しながらこう…体育会系のノリを見ていると
いわゆる「帰ってきた」って感じがしたのです。
何だかんだで、この空気はこの部活にしかないのだなあと。
自由奔放すぎる人ばかりですが、
一つの軸があるから団体として機能しているみたいです。

帰る場所がいくつもあって、私は幸せだなあと改めて。
団体ごとに役割は変わりますが、
どれも私でどこも大事な場所です。
大切にしたいと思ったのでした。

一木理乃

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ