*

Diary

2009年1月

一人暮らし元年

「ぴたぱん通信」をご覧のみなさん、こんにちは。藤本です。

突然ですが私、ただ今一人暮らしをしております。
一人暮らしを始めてもうすぐ4カ月なのですが、だいぶまいっておりますw

職業柄、朝が早く5時半起床(これでも遅くなったんですよ?)
前日炊いておいたご飯とインスタントみそ汁を食べ出勤。

仕事が終わって帰ってくるのが7時。
それから夕ごはんを作り、週に2回は洗濯をし…
などとやっていると、あっという間に10時です。

この生活を約4カ月やって思ったことは、親は偉大だということ。
よく毎日毎日できるなあと思います。

最近、少しは時間の使い方にも慣れ、
30分ぐらいは余計に使えるようになったんですが、
やっぱり大変なのはかわりませんねw

来年度になるともう少し帰る時間が遅くなるので、
それを考えると正直…。
家賃の関係もあり、あと2ヶ月はがんばるつもりですが、
そのあとはどうなることやらw

ただ一つ言えるのは、
もし実家にもどったら、もう少し家事を手伝うということw
やってみて後悔することも多いですが、
何かしら得るものはありますw
そしてやった人にしかわからないことも…!
そういう意味では(でも?)貴重な体験です。

相も変わらずまとまりのない文章ですが、
そんなことを考えながら一人暮らしを体験しています。

いよいよ本格的に寒くなってきましたが、
風邪をひきませんようご注意を!いざ、うがい手洗い!
それでは。

藤本 昂

ユーモアで、ちょっと心もあったかく

1月も半ば、ますます寒さが厳しくなってきましたね。みなさんお元気でしょうか。
ぴたぱん通信久しぶりに書かせていただきます、藤井です。

さて、去年の4月より看護師として働いているということを以前書きましたが、今回はそんな中でのお話です。

今は高齢社会というように、病院内ももちろん高齢な患者さんでいっぱいです。
私が働いているところもやっぱり高齢者は多いです。
忙しい業務に追われていると、ついついのんびり話す高齢な方の話を聞いてあげられず「うんうん、そうだね。また来るからね」と
話半分になってしまうこともしばしば。。
理想的にはちゃんとその人のとなりに腰をおろして話を聞いてあげたいものですよね。。。

いつものようにバタバタと動きまわっていて、食後のお薬を配り「これ飲んでくださいね〜」なんて言いながら別の患者さんのところに行こうとしたとき、
ある患者さんが
「これがラムネならうれしいのにね〜。看護婦さんにも1つあげましょうか」
と言いました。

なんだかその時自然に笑顔がこぼれてきたんです。
文字にしてしまうと別に大したものには見えないかもしれないのですが、その方はとてもユーモアがある方なんだな、と思いました。

ユーモア。辞書でひくと…ふむふむいろんな意味があるらしいですが、ここではちょっとした「いたずら心」くらいに使いたいと思います。

今はお笑いブームですから、テレビをつければ芸人さんがなんかしら面白いことをやっていて、笑いは手に入りやすいかもしれません。
でも、日常生活の中にもふとこぼれる笑いがあって、そこにはちょっとしたユーモアがあるのかなーなんて思いました。

それからはその患者さんとちょっとしたやりとりをするのが私のお気に入りの時間になっています。
私「今日は仕事終わったので帰ってもいいですか?」
患者さん「あら、帰っちゃうの?じゃぁ私の貯金全部あげたらまだいてくれる?」
私「う〜ん。。じゃあ一緒に帰りましょうか☆」
患者さん「いいわね〜。でもおぶってってくれないと私いけないわよ」

…なかなか上手です、彼女(笑)
ちなみにこの患者さんは90歳近く。いくつになってもユーモアを忘れずにいたいものですね*

寒い時期ですから、何か心があったまる一言、誰かとの他愛ない会話を楽しんではいかかでしょうか(*^ロ^*)

藤井 華子

誰かに小さな幸せを

ぴたぱん通信をご覧の皆様、初めまして。
第5回公演からスタッフを務めている、一木理乃と申します。
ちなみに<いっきみちの>と読みます。
本人も読めません。ので、もう暗記しちゃってください。

さて、少し自己紹介を。
私は工学部土木工学科の大学3年生です。
何かのご縁で「土木」というちょっと怪しげな道に進むことになりました。
96人の学科で女の子6人という、かなりの逆ハーレム状態です。
文系の方からしたらびっくりする世界かもしれませんね。
理系と聞くと、なんだか暗いし理屈っぽい気がしますが
私の学科は明るいおバカな子が大半を占めています。

せっかくなので、学科についてもう少し話しましょうか。
「土木」は、英語で「Civil engineering」と訳されていています。
<市民のための工学>という意味ですね。
上下水道、道路、橋、鉄道、港など住宅以外の大体のものは土木の分野です。
非常に範囲が広いので、全てのプロになることはできません。
それぞれのエキスパートが協力することで成り立っている分野になります。

ちょっとお堅くなってしまったでしょうか。
要はあの「工事現場のおっちゃん」が土木の全てじゃないってことです。

で、私は何をしてるのかというと、主に「まちづくり」を学んでいます。
響きが明るくなったでしょ?(笑)
地域のどこにお店を置いて、どこに公園を作って、公園には桜を植えよう!
みたいなことをしています。
「シムシティ」というゲームがありますが、そんな感じです。

そんなこんなで現在就職活動をしています。
シューカツです。
どんな道に決まるか分かりませんが
いろんな業界の人からいろんな話が聞けて
今はとっても楽しいです!

人が生涯で出会える人は2万人と言われています。
次はどんな人との出会いがあるか、楽しみですね!

一木理乃

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ