*

Diary

2008年8月

暑さに効くクスリ

 ダイアリーをご覧頂いている皆さん、暑中お見舞い申し上げます。
第6回公演では、主人公なぎさの少女時代を演じました、関根です。 猛暑日が続いていますが、夏バテなどなくお過ごしでしょうか?
 
 甲子園も始まり、夏まっさかり!!一般的に気温35℃以上になると運動中止が推奨されるらしいのですが、高校球児やオリンピック選手はそうもいかず。金メダルの行方とともに選手の体調が心配…。。
 私は栄養学を専攻していますが、「スポーツ栄養学」というものが注目されている今、選手の栄養サポートでオリンピックに同行する管理栄養士も増えてきています。そのうちの一人である教授に伝授された、今話題の「水分補給と熱中症」についてお話したいと思います。少し難しくなってしまうかも。。。ですが、ぜひ読んでみてください☆

 ご存知の方も多いと思いますが、「熱中症」というのは熱射病・熱疲労・熱痙攣・熱失神をまとめた言葉です。同じ熱中症でも、原因や対処法は様々。中でも一番恐いのが死亡者数No.1の熱射病です!!何がこわいって、熱射病になってしまったら、水分補給は効きません。熱射病の見分け方のポイントは、汗が出なくなる・40℃近い高温・吐き気など。点滴で無事回復することがほとんどなので、この症状が出たら迷わず救急車!!

 なんですが、そうなる前にまず予防!!は、やっぱり「水分補給」です。ただの水ではなく電解質を補給しなければいけないというのは最近浸透してきて大正解。こまめに補給することも大切ですね。
 さらに、夏に限らず運動するときにおすすめの運動前・最中・後で少し工夫するだけで疲れと脱水に効く水分補給法をご紹介します☆

●運動前(汗をかいていない状態):「トイレ行きたい」まで補給!
電解質は汗から失われるので汗をかいていないときは水でもある程度大丈夫。このときに、大切なのは体の水分100%にしておくこと。トイレに行きたくなる状態がスバラシイです。
●運動中:体液より濃いものは飲まない!
目安は500mlの水に一つまみの塩。しょっぱいと感じるほどではありません。市販のスポーツドリンクには糖分が多いので薄めて、プラス、一緒に薄まってしまった塩分を入れるとちょうどいいといわれています。
●運動後:直後に「すっぱ甘い」で疲れ回復!!
オレンジジュースやグレープフルーツジュースがgood◎のどは渇いていますが、勢いにまかせてがぶ飲みはしないでくださいね。

楽しく!そして安全に!夏を乗り切る参考にしてみてください◎
それでは、皆様の健康とオリンピックの金メダル獲得を祈りつつ。。またお会いしましょう☆

関根 理央

暑さに効くクスリ

 ダイアリーをご覧頂いている皆さん、暑中お見舞い申し上げます。
第6回公演では、主人公なぎさの少女時代を演じました、関根です。 猛暑日が続いていますが、夏バテなどなくお過ごしでしょうか?
 
 甲子園も始まり、夏まっさかり!!一般的に気温35℃以上になると運動中止が推奨されるらしいのですが、高校球児やオリンピック選手はそうもいかず。金メダルの行方とともに選手の体調が心配…。。
 私は栄養学を専攻していますが、「スポーツ栄養学」というものが注目されている今、選手の栄養サポートでオリンピックに同行する管理栄養士も増えてきています。そのうちの一人である教授に伝授された、今話題の「水分補給と熱中症」についてお話したいと思います。少し難しくなってしまうかも。。。ですが、ぜひ読んでみてください☆

 ご存知の方も多いと思いますが、「熱中症」というのは熱射病・熱疲労・熱痙攣・熱失神をまとめた言葉です。同じ熱中症でも、原因や対処法は様々。中でも一番恐いのが死亡者数No.1の熱射病です!!何がこわいって、熱射病になってしまったら、水分補給は効きません。熱射病の見分け方のポイントは、汗が出なくなる・40℃近い高温・吐き気など。点滴で無事回復することがほとんどなので、この症状が出たら迷わず救急車!!

 なんですが、そうなる前にまず予防!!は、やっぱり「水分補給」です。ただの水ではなく電解質を補給しなければいけないというのは最近浸透してきて大正解。こまめに補給することも大切ですね。
 さらに、夏に限らず運動するときにおすすめの運動前・最中・後で少し工夫するだけで疲れと脱水に効く水分補給法をご紹介します☆

●運動前(汗をかいていない状態):「トイレ行きたい」まで補給!
電解質は汗から失われるので汗をかいていないときは水でもある程度大丈夫。このときに、大切なのは体の水分100%にしておくこと。トイレに行きたくなる状態がスバラシイです。
●運動中:体液より濃いものは飲まない!
目安は500mlの水に一つまみの塩。しょっぱいと感じるほどではありません。市販のスポーツドリンクには糖分が多いので薄めて、プラス、一緒に薄まってしまった塩分を入れるとちょうどいいといわれています。
●運動後:直後に「すっぱ甘い」で疲れ回復!!
オレンジジュースやグレープフルーツジュースがgood◎のどは渇いていますが、勢いにまかせてがぶ飲みはしないでくださいね。

楽しく!そして安全に!夏を乗り切る参考にしてみてください◎
それでは、皆様の健康とオリンピックの金メダル獲得を祈りつつ。。またお会いしましょう☆

関根 理央

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ