*

Diary

2007年8月

音響場当たり

 劇団ピーターパンホームページをご覧のみなさん、どうもこんにちは。
音響パートスタッフの岩田です。

 今回からはこの日記はスタッフ達が担当するそうです。
あ、まず、スタッフというものいうものについて軽く説明しておきますね。

 スタッフはいくつかのパートに分かれて仕事を分担しています。
具体的にスタッフにどんなパートがあるのかというと、音響、照明、舞台美術、運営、会計…などなどなど。それぞれがどんな仕事をしているのかは、今後そのパートのスタッフに書いてもらうことにしましょう。

 それでは音響パートの話を少々。
音響パートの仕事は、簡単に言うと、BGMや効果音を駆使して劇を盛り上げること。場面にあったBGMを選び(作り)、適切な効果音を探し出し(作り)、それを舞台で流しドラマティックに演出するのです!
 ホールの客席の後ろ側には、ガラス窓で仕切られた部屋があります。そこを操作室と言い、音響と照明のスタッフは本番ではそこで舞台を見守りつつ仕事をしているのです。お気付きになられたら手を振ってみてください。スタッフ一同で振り返しますので。笑

 そして作日、本番の公演をする関内ホールへ場当たりに行って来ました!
 「場当たり」というのは実際の舞台を使って、演技や音響や照明の操作を確認することです。特に今回は、音響だけの場当たりでした。実際にキャストに舞台で演技をしてもらい、BGMの音量の確認などをしてきました。
 久しぶりのホールの機材に若干とまどいつつも、無事に場当たりを終える事が出来ました。とても良い調子です♪

 実際に本番で立つ舞台の空気を吸い、キャストもスタッフも本番に向けてテンションがぐんぐん高まってきています!
 本番まで本当にあとわずか。第5回公演に向け、団員の心がひとつになっていくのを日々実感しております。

 今回の公演でも、来て頂いたお客様にはなにかしら心に留まるものをお届けできるのではないでしょうか。

 最後に、今回の公演の音響の見所(聴所?)なのですが…今回の公演では、なんとテーマ曲がオリジナルなのです!今までに何度か劇中にオリジナル曲を使っていたことはあったのですが、ついに第5回公演ではテーマ曲を自作に挑戦です!ぜひ、楽しみにしていてくださいね。

 それでは、関内ホールの操作室でみなさまの後頭部を拝見できるのを楽しみにしています!

 音響スタッフ 岩田

第5回公演・稽古の様子

大変ご無沙汰しております!
キャストの佐藤令奈です!

早いもので、前回の公演からすでに半年が経ちました。
その間も役者は5月から稽古を始め、ビリーズブートキャンプで汗を流したりしていました(笑)

現在は2週間後に控える第5回公演に向けて、バリバリ稽古をしている最中です!!

雨降る夜の次の日の歌。
みなさんどんな印象を抱かれるでしょうかとワクワクしています。
今回は、脚本家も女性に代わり、今までのピーターパンに加えて、また新しい一面をお見せできるのではないでしょうか。。

人間色んな後悔があります。
そのとき、そのほんの一瞬の何気ない自分の行動が、人に大きな影響を与えることになって、後々自分の大きな後悔に変わることは少なくないと思うのです。

よかれと思ったことが。
感情のままに口走ったことが。

他人を想っての行動というのは、なかなか難しいですよね…。
そんなことが今回の物語では描かれているのかなと、想います。

毎日必死に稽古しておりますので、その集大成を観に、会場に足を運んでいただければ幸いです。。

まだまだ暑いですね!
お身体お大事に!
健康第一!!

ポスターデザイン!

ameuta.gifflyer_ura.jpg
こんにちは、都築です。
少し前からこのホームページのトップページにもあるので、もうご存知のお方もいらっしゃると思いますが、第五回公演のポスターデザインが完成しております!

このポスターのデザインは、前回の『愛し風花』のポスターデザインも手がけました、田上望さんにデザインをお願いしました。
前回とはまた違った雰囲気のデザインになっていて、今回も私たちの予想を上まわる素敵なデザインをつくってくれました!
裏面の詳細情報は、田上さんのデザインを使わしていただきつつ、団員でつくりました。

横浜の劇場等を中心にフライヤーを置かせていただいているので、もし見つけましたらぜひぜひお手にとってご覧下さい!

だんだんと公演が近づき、いろいろなものが形になってきています。
早いもので、公演まであと3週間ちょっと。
この夏の暑さに負けず、これからもがんばっていきます!

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ