*

Diary

2006年9月

9月15日

たった今、小1時間かけて書いていた文章が消えました・・・
右近良枝です。

私の好きな言葉をいくつか載せて終わりたいと思います。

「It’s up to you to choose to keep your heart in chains
or to let it fly」
心を晴れにするのも雨にするのも自分しだい。

「It’s better to have tried and failed
than never to have tried at all」
たとえ失敗しても何もやらなかったよりはまし。

「Everything is gonna be alright」
全てはうまくいく。

9月13日の稽古!

ホール練
みなさんお元気ですか?
急に寒くなったので、うっかり風邪を引かないよう気をつけましょう★

つい先日財布を落としたうっかり団員の佐藤令奈です!!
日に日に肌寒くなって、公演日が近づいているのを実感しております。。
この日は公民館の部屋でも一番広い、ホールでの稽古でした。

体育館の半分くらいの大きなホールで感じたことは。
人ってちっぽけなんだなあ…ってことです(笑)
しかしその大きな空間を、いかにして埋めるか。もうとにかく埋めたい!

それには舞台に配置される大道具だったり、役者の空気だったり、音楽や光だったりが必要となるわけです。
それらが合わさって、観客のみなさんの気持ちがぐぐっと動いて、もう飽和状態ってくらいに空間を埋めることができたら、と思っています。
250人ほど入る劇場に、ぎゅっと詰まった空気を感じてもらいたいです。

そのための稽古をしていますが、残り一ヶ月でもう必死にやるしかありませんね!!
さて、第三回をみてやろうじゃないと思っていただけた方は、知り合いの団員、またはホームページのピーターパンメールまでご連絡ください!!
10月14日13時~、18時~
15日13時~です!
場所は前回もお世話になった関内ホールです!

お待ちしています!!

9月12日の練習♪

本を読み読み
おはようございます!
2度目の登場になります団員の藤本です

やっと涼しくなってきましたね
みなさん、体調くずしたりしてませんか?
今月も中旬に入ってきました
がんばっていきましょう!!

さて、この日の練習ですがいつもの筋トレのあとはダンス練習
本番まで約一ヶ月という中でこの日はダンスのフリよりも
配置や移動のタイミングを中心に練習しました

続いてマッサージ、発声・滑舌練習を行い
本読みに入りました
本読みもどちらかといえば移動や動作の確認が中心
演出の斎藤の熱のはいった指導のもと、ひとつひとつの動作を
確認していきました
当然その間、そのシーンに出ないキャストはヒマになるわけですが…
その時間ボーっとしているのはもったいない!ということで
自然とセリフの練習や確認が始まります
するとそこに別の団員がやってきてシーン練習が始まるんですよw
あらためて本番への緊張を感じましたw

というわけで(どういうわけだ?)
団員各位、寸刻をおしんで練習をしています!
え?どんな感じかですか?
それは本番で!
楽しみにしていてくださいね!

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ