*

Diary

2005年12月

2005年もおわり!

ういろう

はじめまして!の方もおひさしぶりです!な人も、HPに来ていただきありがとうございます!キャストをやってます白田です。

27日は今年最後の稽古でした。キャストスタッフ入り混じっての練習、この日は今年最後というだけあってなんと14人(普段の倍くらい!)も集まり、大所帯でわいわいがやがや楽しい練習でした。

写真は前のほうの記事で平川が書いている「ういろう売り」の練習風景。3人一組で読みながら発表しているところですね。
この「ういろう売り」という文章、早口言葉の羅列のようなもので普通に読むだけでも難しい!ちょっとご紹介しますと…
“お茶立ちょ茶立ちょ、ちゃっと立ちょ茶立ちょ”
“武具馬具武具馬具三武具馬具、合わせて武具馬具六武具馬具”などなど…
さぁどうぞ!…言えましたでしょうか!?
「合わせて武具馬具ぶぶぐがぶ!!」とかなっちゃうんですよね笑
うちの劇団員もみんな四苦八苦してますが、練習をつんできて、だんだんいえるようになってきました!
で、慣れてくると上の写真のように動きをつけながらお互い読み合ったりして、ちょっとした寸劇のようになってきたり…で調子に乗ってるとまた「ぶぶぐがぶ!!」って言っちゃったり…

でも、この「ういろう売り」も他の稽古メニューも、劇団員みんなレベルアップが目に見えてきていて、来年が楽しみな限りです!!劇団再始動からここまで、本当にあっという間でしたが、確実にかたちになってきています。これからますます気合を入れて、がんばっていきますので、どうぞ来年も劇団ピーターパンをよろしくお願いします!!
それではみなさま、よいお年を

チケット代が無料のりゆう☆

c0427e61.jpg

どうも!徳永です
今日は高校時代の旧友との同窓会に参加してきました◎
やっぱり旧友って、なんとも居心地のいいものですよね~
その同窓会の席で、劇団関係の話題が出たときに、
『チケット代、無料でいいの?』
という質問を受けました
前回公演のアンケートにも、
『チケット代とってもよかったのに~』
と、大変嬉しい感想を書いてくださったお客さんがいました
【なぜ、前回公演、今回公演はチケット代が無料なのか】
【僕たちの考えるチケット代とは何なのか】
ちょっと、そんなお話を書きたいと思います
(そんな話は聞かんでもええわい!って方は読み飛ばしちゃってください~)

公演を打つためには、当然ながらお金がかかります
会場費、舞台美術費、広報費、練習費・・・etc
お客さんからお金をいただかないということは、
すなわち、自分たちでバイトしてお金を貯め、
それで公演費をすべてまかなう、というわけですよね
そんなにお金も時間も労力も使ってまで、公演を打ちたいものなのか?!
と思われるかもしれませんがっ、
打ちたいものなんですねぇ~、これがまたw
団員たちにとって、それだけ全力を注ぎ込むだけの魅力が、
ピーターパンにはあるんです
各々が知力や技術・努力を結集してひとつの作品を創り上げていくことで、
お互いに良い刺激を与え合い、どんどん人間的に成長していくことができる!!
やりたいと思ったことを実践的にカタチにしていくことができる!!
仲間の絆が深まって、どんどん活動に参加するのが楽しくなっていく!!
そして何より、自分たちの活動を通して多くの方々の笑顔や感動に出会える!!
などなどっ!!!!
そんな理由で、多くの仲間たちが同じ想いで集い、
日夜最高の作品を創り上げるために努力しているわけです
(ちなみに上の写真は、お互いあーでもない、こーでもないって言い合いながら
予算を組み上げている様子ですw)

前回公演は、演劇集団キャラメルボックスという劇団で
脚本・演出をやっている成井豊さんの書いた演目を
上演させていただきました
自分たちの書いた本でも無いのに、
それでお客さんからお金をいただくことなんてできません
また、劇団として成り立って初めての公演であり、
一回限りの、お客さんも交えたお祭りにしよう!というコンセプトもあり、
それらの理由が重なって、チケット代は無料にしました

今回公演は、ふたつの理由でチケット代を無料にすることにしました
ひとつは、もっともっと多くの方に
僕たちの創り上げる世界を観ていただきたい、ということ
演劇を観たことない人も、たまたま通りかかった人も、
お金がそんなにいっぱいあるわけでもない学生さんも、
できるだけ多くのみんなに、こんなに面白いものがあるんだよー!って
教えてあげたい
僕たちがこんなにも楽しみながら、感動しながら創り上げている、
演劇というものを、もっともっと多くの人に見せてあげたい
もっともっと多くの人を感動させたい!!
もうひとつの理由は、
今回初めて自分たちのオリジナル脚本に挑戦するからなのですっ!!
初めての試みですので、お客さんからお金をいただくには、
まだ早すぎる!!ってなわけで
そんなこんなで、今回の公演もチケット代は無料にすることにしました

“公演を行うからお金をとる”と、安易に考えることはしたくないんです
僕は、演劇や映画、はたまた飲み会や食事会などに行って、
払ったお金やかけた時間よりも全然満足できずに
『うわー、損したぁ・・』って気分になったことが何度も何度もあります
公演を観に来てくださったお客さんに、
絶対にそんな思いをしていただきたくない
だから、僕たちはお客さんからいただく時間やお金以上の
最高の感動をしていただけるように、最大限努力をします!
また、これからも公演を続けていくことになったら、
その中でお客さんからお金をいただくことになっていくかもしれませんが、
その分僕たちは、より高度な舞台美術に挑戦するため、
より楽しんでいただけるパンフレットやチケット製作のために、
いただいたお金を活用していくことでしょう*

そんな、ちょっと僕たちのお金にまつわる考え方を書かせていただきました☆
僕たちがどんな気持ちで活動を行っているか知っていただきたいと思ったのです
稽古だけでなく、これからもいろいろ書き込んでいこうと思います◎

Merry Christmas !!

c90c0c85.jpg

前回公演に来てくださったお客様で、
住所の分かるかぎりの方々に、
クリスマスカードを送らせていただきました!!
いかがでしたか??
このクリスマスカードやwebなどのデザインは
僕、徳永がすべておこなっております☆
ちなみに、前回公演のチラシやポスター、パンフ、
そしてぴたぱんのロゴのデザインは、
前回公演『Mr.moonlight』で千草役を演じていた
江本さんがおこなっています

僕は今、慶応義塾大学の環境情報学部で
メディアデザインという学科を専攻していて、
主にアート作品や映像・webなどを製作しています
他にも、大学のダンスサークルで舞台作品を創っているため、
前回公演ではダンスの振り付け師をやっていたりしました
また、江本さんは現在大学院に進学して建築学を勉強中で、
昔から絵画を習っている素敵なデザイナーさんです☆

僕たちは、各々が大学で勉強してきた内容、特技などを共有して
協力し合いながら、ひとつの公演創作に向けて努力しています!
きっとそれは、大学のサークルの枠を超えた、
すばらしい学生のコラボレーション創作なのではないかなって、思ってます*

今回、新たに参加するメンバーもたくさん増えました
役者志望の子もいれば、
バンドを組んで音楽活動に励んでいる作曲、選曲、音響担当の女の子、
多摩美術大学でテキスタイルを専攻しているデザイン・衣装担当の女の子
舞台美術製作をやりながら稽古に毎回参加してくれている男の子
などなど
ピーターパンに新しい風を持ってきてくれることを
大いに期待できる、良い仲間ばっかりです!!!!
そういった新しい仲間たちについては、
またこの稽古場にっきで紹介していこうと思っています
また、各劇団員のプロフィールや、前回公演に関する情報、
前回公演の写真などを近々アップしていこうと考えておりますので、
そちらもどうぞ、ご期待くださいっ!!

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ