*

Diary

10月7日の稽古場日記

みなさまご無沙汰しております。

劇団ピーターパン第二回公演、
『レクイエムが舞う頃に』で中曽弥という看護婦役を演じました、
大塚奈保子です。

公演後の4月から、劇団内では一番に社会人デビューしてはや半年。
初めての社会人生活でいっぱいいっぱいで、
今回の公演は残念ながらほとんど参加できていません。

そんな私が、7日に久しぶりに稽古場に顔を出してきました。
この日は第三回公演『ニライカナイじゃなくても』の初めての全通し。
ラッキーです。実にラッキーです。
すいませんみなさん、一足お先にみてきちゃいました。

今回は全然稽古や台本を観ていなかったので、
本当にお客様と同じ視点でみることが出来たのですが、
身内ながら、今回の芝居。
最高最高、サイサイコー!ですよ。
「私も超頑張って出ればよかった!出たかった!!」
と思ったくらいです。

どんな方に観ていただいても、
きっと一つは共感するポイントがあるのではないでしょうか。
私は軽く3回は泣きました。(涙腺弱いんです☆)
タイトルに含まれる『ニライカナイ』という単語の意味は、
劇場を出てからのお楽しみ。
お芝居を見終わった後、お友達や恋人と感想を語り合って、
おうちに帰ってから、ふと気になって調べてみたら…!!
という感じで。

いや~うちの脚本家は憎い演出します☆
決して観る前には調べないでくださいね。

私は当日はスタッフとしてお手伝いする予定です。
日曜日はありがたいことに満席になりましたが、
土曜日はまだチケットがありますよ。
さあ!今すぐチケット予約を!!

あなたのご来場を、劇場にてお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ