*

Diary

第6回公演に向けて *照明*

こんにちは。劇団ピーターパンの照明スタッフ榎本です。日中の日差しがだんだんと春らしくなってまいりまして、日々ウキウキしております。さて、今日は私の思う光について、お話しします。 光といえばお部屋の明かり、外灯、ろうそく、そして太陽!なるほど、お日様さえいてくれれば私たちはいつだって明るいところで快適な暮らしができますね。本も読めれば光合成だってやったるぜ。 そんなわけで、私のやっている照明のお仕事ってそういうこと。お日様っで、いつもいて当たり前な存在。だからと言ってお日様ってば「わはは感謝しろよ!」なんて偉そうに言ったりなんかもしませんし。どちらかというと見守ってくれてるイメージ。私の中ではね。そんでもってお月様は自ら光りませんので、お日様、サマサマですねぇ。笑舞台照明がお日様なら、キャストはお月様のような、そんな関係です。 キャストは、光に照らされているのです。そうして、演技はより輝く。様々な光を浴びて、彼らは生きて魅せるのです。 そんなわけで照明は、いかに舞台を美しく見せ、場面をわかりやすくし、キャストの演技を引き立てていくかを考えています。よりよい舞台を創るためのお手伝いさんだと、私は思います。
決して目立たずに。さりげなく、慎ましく、存在感を。 舞台っていーなー感動するなー!やっほー! なんて思っていただけたら、いいなぁ。 そういえば、最近テレビで見たのですがフィンランドの冬は日照時間が6時間とか。しかもお日様はとっても低い位置にいるそうで、昼間であってもたいした明るさはないそうな。そんなわけで太陽光に思いっきり似た明かりを発する電気がお家の中に取り付けられていました。まぁ素敵。お日様って素敵。人間の技術って素敵。 2月も残すところあとわずか。いよいよ、いよいよです。
場当たりも来週に迫り、照明プランも着々と進んでおります。
ポスターもいよいよ・・・
とても素敵なものになっているので、早くみなさんにも見てもらいたいなー!!!
いろんなことがこの第6回公演に向かって突進していて私もわくわくしっぱなしなんです!!

3月の15、16日皆様にお会いできることを楽しみに、そりゃもう楽しみにしております。最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた!

榎本咲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ