*

Diary

第四回公演、終幕!!

どうも、劇団ピーターパン団長の徳永です*
公演から一週間近く経ってしまいましたが・・
無事!!第四回公演『愛し風花』を終えることが出来ました!!

『最大限の努力で、最高の感動をできる場所
 いつでも帰ってこられる、あたたかいHOME』

三年前の夏に僕が見た夢は、
たくさんのたくさんの人たちの想いに触れて、
いつのまにか、とても大きな夢へと膨れ上がっていました
僕と副団長の都築くんの二人きりから始まった劇団は、
今では団員も40名近くになり、公演回数も4回目を迎え、
ひとつの公演に3ステージ、しかも有料公演、
ひとつの公演に千人近くもの方々が関わってくださるような規模となりました
第一回公演では、その後続けるつもりのない1ステージだけの無料公演だった
にも関わらず・・驚きですね
今は、本当に、一緒に夢を見てくださった一人ひとりの方へ、
心から、感謝の気持ちでいっぱいです

公演を観に来てくださったお客様
会場を貸してくださった関内ホールスタッフの方々
印刷・製作に関わってくださった業者の方々、お店の方々
チラシ、ポスターを貼らせてくださったお店、学校の方々
陰ながら見守ってくださった保護者の方々
舞台を照明を音響を脚本を作ってくれた仲間たち
公演の運営を行ってくれた仲間たち
舞台の上を共に生きてくれた仲間たち
この公演に関わってくださった、みんなみんな
今までピーターパンに関わってくださった、みんなみんな
本当に、誰一人欠けたとしても、
これだけの公演に、劇団に、することはできませんでした
誠に誠に、ありがとうございました!!!!!!!!!!

今回公演をもって僕は、この劇団を卒業することになります
ピーターパンで過ごした日々を、みなさんから頂いたたくさんのものを
胸に抱きながら、社会へと旅立ちます

劇団ピーターパンの今後の活動については、僕にも分かりません
けれど、僕がいなくなったとしても、
同じように熱い想いを抱いた仲間たちが、
きっとまた、あの感動を求めて、あのあたたかさを求めて、
活動を続けてくれることだろうと、期待しています*

僕自身、ここで夢を見るのをおしまいにするつもりはありません
社会に出てからも本気で夢を見続け、夢を実現し続け、
より多くの方の、より大きな感動を、しあわせを
生み出していけるような力を身に付けて、
いつの日か、ふたたび、HOMEへ帰ってくることができたら・・・
いつの日か、ふたたび、みなさんと夢で逢えたら・・・
・・・なんて、考えてしまいます

劇団ピーターパンは
夢の世界の創造者でありたい、夢の世界の案内人でありたい
舞台を観に来てくださったみなさんにとって、僕たちの公演が、
覚めない夢、消えない幻となってくださりますように
いつかまた、あの舞台で、一緒に夢が見られる日がくることを
心から待ち望んでおります

本当に本当に、今まで、ありがとうございました!!!!!!!!

                      劇団ピーターパン団長 徳永翼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ