*

Diary

秋の小確幸・2009

みなさんこんにちは。
キャストの大塚奈保子です。

さて、今年も偶然この時期に
ぴたぱん通信を書かせていただくことになったので、
昨年書いた秋の小確幸に引き続き、
「2009年秋の小確幸」について書かせていただこうかと思います。
もう毎シーズンのシリーズものにしちゃおうかしら。

はい。ごめんなさい。

さて初めてお読みいただく方が多いと思うので、
「小確幸」って何さと思った方向けに説明させていただきます。

「小確幸」とは、「小」さいけれど「確」かな「幸」せのことです。
略して「小確幸」。

「へぇ〜何か分かるかも」と思った方に、
去年と重複してまことに恐縮ですが申し上げますと、
これは村上春樹さんが「村上朝日堂」というエッセイ集シリーズの
どこかで生み出されていた単語をパクらせていただいたものです。
毎年申し訳ありません。

で、いざ今年の小確幸について書こうと思い出してみたところ、
あらやだ、わたし心のストレッチ不足かもと気づきました。

何かこうパッと思いつかないんですね。

今回のぴたぱん通信も、「何書こうかな」ってネタ探しに悩んでいて、
4日(日)の稽古帰りに見た満月が真っ白に輝いていて、
あぁきれいだなって見とれてたときに、小確幸のことを思い出したのです。
最近身の回りの小確幸に気づけていないなと。
(後で聞いたら中秋の名月だったそうですね!皆さん見ましたか?)

それで、何でなのかしらと考えていたときに、
インプットを怠っていた自分に気づきました。
映画を見るでもいい、本を読むでもいい、
新しいスポットに行くでもいい、
食わず嫌いのものを食べてみるでもいい、
ムエタイを始めてみるでもいい。
そんな些細な刺激を自分に与えていないなと。
口内炎くらいしかできていないなと。
そうすると感情とか感覚って鈍化しちゃうんだなって。

で、「仮にも人前に立って何かしようと思っている身でありながらぁ!」
と反省しました。

次回みなさんにお会いする前にこの遅れを取り戻せるように、
早速今日からサムシングニューを取り入れていきたいと思います!
まずは手始めに万歩計を付けて歩くことから!
(先日購入したままテーブルの上で眠っていたのです。。。)

秋って、食べ物はおいしいし気候は過ごしやすいし、
何だか物悲しくなって考え事したりするのもちょうどいい季節ですよね。

鈍化していた私が申し上げるのも何なんですが、
皆さんもこの秋、身の回りの小確幸を見つけて、
心のストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

長々お読みいただきありがとうございました。
大塚奈保子でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ