*

Diary

桜の季節

f53f67c2.JPGこんばんわ。スタッフの平川です。
三月も後半になり、
気候も徐々に暖かくなってきていますね。
TVから「ソメイヨシノが開花します」という言葉が
聞かれるようになってきました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

公演が終わって早くも10日が過ぎようとしています。
ここを訪れてくださっている方も
だんだんと少なくなってしまっているように思います。
淋しいので、今公演『レクイエムが舞う頃に』のちょっとしたお話を
したいと思います。
と言っても本当にちょっとかも・・・

この写真に写っている木は、桜の木です。

そうです。
今回、舞台美術で多くの方々に評価をいただいた桜の木。
あの桜の木の元となった木です。
大道具スタッフが見つけた作業場に偶然にも在った立派な桜。
彼らはそれを想像しながら枝の質感を考えたり、走行を考えたりしていたんです。
その木がある場所は、藤沢市長後公民館。

近くにお住まいの方は、どうぞこの桜の木の実物を眺めて見てください。
まだ、桜は咲いてないかなぁ。私も近いうちに。

コメント

    Lisa より:

  • 長後公民館の桜の木だ☆
    本物は立派だね。でも大道具のみんなが頑張って
    作った木が一番きれいだよ☆
    公演が終わってもずっと応援しています☆☆☆

    2006年3月20日 10:19 PM

  • 佐藤 より:

  • あの桜の木を見上げた勇の母、美代です。。

    リサありがとう★☆★
    すごくうれしいよ~!!
    観てくれる人がいるから、劇が成り立つ、桜の木も活きるってものです!

    リサの助けなしには今回出来なかったよ。。
    本当にありがとうね。
    本当にSpecialthanksです。

    2006年3月21日 6:33 AM

  • 平川 より:

  • 早速嬉しいお言葉を…☆
    本当にありがとう、りさ。
    美代さんが言うように、あの桜が活きたのも、
    りさが尽力してくれた桜の花びら達がひらひらと舞ってくれたから。

    陰で支えていてくれる方々の優しい笑顔が
    ピーターパンの糧になっています。ありがとう。

    2006年3月21日 8:52 AM

  • 藤本 より:

  • ひっさしっぶり~w
    うれしいよ
    そういってもらえると
    でも二人が言ってるとおり
    リサの助けがあったからこそ!の桜の木
    ほんとうにありがとね(> <)b

    2006年3月21日 10:42 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ