*

Diary

宿坊

ピタパン通信をごらんの皆さん、こんにちわ。
照明スタッフのまんねんです。
二回目の登場!
お久しぶりです。

もう11月も後半に入り、今年も残すところひと月と半分。
夜外から帰ってくると眼鏡が曇るくらい寒くなってきましたね。
毎年この時期になると、今年自分は何してたっけ?と振り返ることが多くなります。
と同時に、年の始めに考えた『今年の目標』なんてものも思い出します。
私は今年大学最後の年ということで、とにかくいろんな場所に行くということを目標にしました。
そのいろんな場所の一つとして、12月に京都に行きます。

今日見たテレビ番組で宿坊の紹介がされていました。
最近京都のお寺の宿坊に宿泊するのが流行っているとか。
何を隠そう、私も京都に行くときに宿坊に泊まります。
てことで、タイムリーだったので番組を見て宿坊の予習をしました。

宿坊とはお寺にある宿泊施設のこです。
つまりお寺に泊まれるんですね。
食事は精進料理、朝のお勤めなどお寺ならではの体験ができるんですよ。
また、テレビ、冷蔵庫などはないので正直宿坊ですることって何もないらしいです。
何もしないで、きれいに手入れされた庭を眺めながら縁側に座る。
それだけ。

『その時間が何とも言えなく贅沢(住職談)』なんだそうな。

現代の人は常にやることがあって、せかせかせかせかせかせかせかせか・・・・・
何もやることがないと逆に、そわそわそわそわそわそわそわそわ・・・・・
あたい今何もしてないけど、いいの!?
みたいな。
そういう現代社会に生きてる人に感じてもらいたい時間が宿坊を利用することで体感できるそうです。

まだ、実際使ってないのですべて聞いた話ですが(笑)
きっと、日常とは違った空気の流れを感じられるのだろうと今からとても楽しみです。
何もしない時間が多い分、いろんなことを考えるんでしょうね。
『贅沢な時間』を満喫してきます。

次回ぴたぱん通信に登場した時は、
宿坊体験レポートで皆さんに宿坊の実態を紹介できたらと思います。

徒然と失礼しました。

萬年久美子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ