*

Diary

公演を終えて・・・

dc838a10.JPGこの度は劇団ピーターパン第2回公演『レクイエムが舞う頃に』にお越しいただき誠にありがとうございます

皆様のおかげで両公演とも無事に終えることができ、両日とも満員のお客様に迎えられて公演を行うことができました
本当にありがとうございます
また両日とも開演の時間が遅くなってしまい、またその旨を十分皆さんにお伝えすることもできませんでした
その他にもたくさん不手際がありました
ほんとうに申し訳ございません

長かった今公演期間もあっという間に過ぎていってしまいました
まるでいつかの夢のように
けどそこには確かに存在したという痕跡があります

演劇というものに出会い、引き込まれ、今日に至るまでいろいろなことがありました
また今公演を行う中で人と人のつながり、絆のすばらしさをあらためて感じずにはいられませんでした
それはパンフレットや公演後のあいさつでも機会があり、そこでも言わせていただいたのですが、ここでもあらためて言わせていただきたいです

前回の公演、そして今回の公演とほんとうにすばらしい人達と出会いました
まわりを見渡すとほんとうに多くの人がいます
その絆の一つ一つがピーターパンを支えてくれています
それぞれの出会いが絆が廻り廻ってピーターパンを形づくっています
人一人でできることなんてたかがしれています
多くの出会いの末にこの公演があります
もちろん来てくださったお客様もその一人です
お客様にとってこの公演が、少しでも心を動かすもの、心に残るものであれば幸いです
お客様の笑顔が言葉がピーターパンの原動力となるのですから

そんな団員も含め出会ったすべての人に僕が今一番言いたい・伝えたい言葉
“ありがとう”
ほんとうなら出会ったすべての人にこの言葉を言って回りたいです
しかしさすがに無理があるので、このような場で言わせていただきます

ありがとう

ほんとうにありがとうございます

僕達は劇団と名乗るにはまだまだ足りない部分がたくさんあります
それでも、会場でお客様からあふれんばかりの想いをいただきました
お客様がピーターパンの世界を、“HOME”を少しでも感じていて共有できていたらほんとうに幸せです

季節は廻っていきます
前回の公演が終わり、夏が来て、秋が来て、冬が来て、
今公演が来て、
また春が来て・・・
公演が終わり気づけば季節は春になっていました
梅の季節も終わり、まわりは少しずつ桜が芽吹き始めています
春は出会いと別れの季節
僕達が走る先にはまた多くの出会いがあるのでしょう
ピーターパンの今後の活動はまだわかりません
毎回その公演に全力投球で先のことは詳しくは考えていません
けど僕達は今があります
過去がありそして未来があります
ひとときの別れなど、次に会う時のきっかけにすぎません
必ずまた新たな出会いと共にお会いする日が来るでしょう

挨拶が遅れてしまい申し訳ございませんでした
みなさまほんとうにありがとうございます!

それでは・・・

また劇場で出会うその時まで、
ひとときのさようならを!

劇団ピーターパン 代表  都築雄一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ