*

Diary

キャスト長のお仕事!

58e5199f.jpg

新年、明けましておめでとうございます*
団長の徳永です
いよいよ第四回公演まで二ヶ月を切りましたっ!!
これからの短い期間で、脚本ができあがり、
舞台構想ができあがり、製作が行われ、
芝居が出来上がっていきます!!
この密度の濃い毎日が、一番充実しているものです☆
ちなみに写真は第三回公演後に撮影した団員の集合写真
みんなピーターパンTシャツを着て写っています
お客さんも団員もみんなが最高に満足した公演ができるよう、
最大限の努力で頑張りたいと思います

今日は新年初稽古を行いましたっ!!
第三回公演が終わって以来、
稽古場にっきでは活動内容を紹介していませんでしたが、
12月から僕たちは稽古を再開しています
ところで、『演劇の稽古ってどんなことをやっているの?』
と思う方も多いかもしれません
今日は、そんな毎日の稽古を指揮する “キャスト長” のお仕事を
紹介したいと思いますっっ!!
(そんなもん知らんでもええわっ!とゆう方は飛ばしてしまってください^^;)

毎日の稽古メニューを考え、稽古を指揮したり
演出家の脚本練習を補佐したりする役割として
キャスト長という役職を設けています
第一回公演でのキャスト長は僕、徳永が
第二回公演時では前回公演で音響スタッフをやっていた佐藤令奈が
前回公演時では“不破警部”役をやっていた沖津健吾が行っておりました
そして!今回公演では今までの集大成として、
この三人が各々の得意分野を活かしながら、
三人キャスト長体制をとっております!

演劇の稽古は主に、身体を使った稽古、声を使った稽古、
その他、脚本を読んだり即興劇やったりする実践的な稽古の
三つに分類することが出来ます
僕は大学でダンスサークルに所属していたため、身体表現が一番得意で、
第三回キャスト長の沖津は高校の劇団非常口時代から腹式発声が得意、
第二回キャスト長の佐藤は、我が劇団屈指の濃いキャラクターを持った役者で、
実践的な稽古メニューが非常に得意なのです
そこで、三人が各々の得意分野の指導を担当して、
交代交代に指揮しながら毎日の稽古を進めていっているのですっ!!
例えば僕は、公演の冒頭シーンに必ずあるダンスの振り付けをしたり、
前回公演でほんのちょびっとだけあった殺陣のシーン、つまり格闘シーンの
振り付けをしたり(演劇や映画では格闘や斬り合いなどの演技を殺陣と呼びます)
身体のキレや姿勢の取り方などの稽古を指導しています

こんな風にして出来上がっている劇団ピーターパンの稽古、そして演技
まだまだ素人集団ですが、みなさんのこころを動かせるような演技ができるよう
日夜稽古に励んでいます!!
そして、僕たちキャスト長も、劇団史上最高の演技が出来上がるよう、
本番まで最大限の努力で頑張りたいと思います!!
また詳しい稽古内容については別のキャスト長に紹介してもらおうと思ってますw
(←他人任せ)
それでは、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ